伝達も花火もできない公園

この間テレビジョンを観ていたのですが、「子供たちがチョイスの場所に入り込み、花火を頂きました」という題材だったのですが・・・驚きました。当社が昔などは自由に、公園で道端で花火を楽しんだ製品でした。ところが今は殆どの公園で花火NGという立て札があるそうで、子供たちはどうしても花火を楽しめないそうです。

とかく物騒な国々ですから、火器禁忌の公園が多くなったについてなのでしょう。安全第一とはいえ、遊び場での任意を制限されてしまっては子供たちもさぞや心残りですなあ、とちょい悲しくなる。

されど。現在は花火ばかりでなく、誠に「ボールNG」「交流NG」という公園も増えてきたとか。公園から飛び出すボールや、それを追い掛ける子供への気配りなのでしょうか、それにしても厳しすぎやしないでしょうか。幼子はどこで父ちゃんと交流をしたり、傍らとサッカーを楽しめばいいのでしょうか。大きな公園における広場や、例えば海岸とか・・・?河原とかなのでしょうか。

ちょこっとお出掛けして今日は交流。ことを探して申し込んでせっかく花火。あんなご時世がどうも寂しい気持ちがしました。自動車保険を滞納してる場合の解決策